映画「キャッツ」って、賛否両論らしい。

2020.02.15 Saturday 16:10
0
    もう少し、ブログ頑張ります・・・(−−;)

    書くのを忘れていたのですが、映画「キャッツ」を観ました。
    私が何やら書かずとも、何処かで、誰かが、素晴らしいレビューを書いていらっしゃるだろうから、もういいや。と思っていたのですが。
    キャッツって、賛否両論らしいですね。
    キャッツを舞台モノだと知らずに観たら、びっくりするかも。

    私は楽しめたけどなあ・・・
    確かに、違和感はあった。あまりにもCGが発展しすぎていて、どこまでが本物でどこからがCGなのか、よく分からないのです。
    キャッツって、舞台の映画化だし、歌と踊りを楽しむエンターテイメントで、ストーリーはあまりない。
    だから単純に、踊りがすご〜い、歌がステキ〜〜って楽しめばいいのでは?
    踊りは、バレエっぽい振付だったし、主人公がプリマだから、わ〜体柔らかい。って観ていたんだけど、突然、CGになって空を飛んだりするから、「えええ?どこまでが生身?」って思ってしまうんです。
    そこがね・・・(−−;)
    舞台だったら、工夫してあるとことか、舞台装置に感心したりするけど、CGだと何でも出来てしまうもの。

    歌は良かったです〜〜〜〜。
    あの一番有名な「メモリー」は、こういう意味だったのか〜と、納得しました。
    舞台を観ている人は知っていたんだろうけど、観たことなかったので。

    私がハマッていた「ロード・オブ・リング」の魔法使い役をしていたイアン・マッケランも、猫になって登場!
    ちょっとびっくり。

    ワクワクドキドキなストーリーとか、派手なバトルはないけれど、歌と踊りは良かったです。
    実は歌が素晴らしくて、泣いてしまったのだった・・・(^^;)音楽に弱いです。
    category:映画の感想 | by:MAKAcomments(2) | -
    Comment
    多分、ラ・ラ・ランドが無ければ、文句言われなかったのでは…?あれ、歌も踊りもストーリーも!だったので。それに追随するにはキャッツクラスの超有名ミュージカルで!と思ったら、CGでがっかり…だった感じじゃないですか?歌がいいのは良かったですね。
    • マルス
    • 2020/02/15 6:37 PM
    なるほど、ナットクです。ラ・ラ・ランドか〜。いやね、ちらっとヨソで読んだのですが、キャッツを人面猫とかブキミ説があったらしいので・・・(^^;)ちょっとフォローしてみたかったんです。
    • MAKA
    • 2020/02/24 10:41 PM








       

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM