よろしければ、読んでみてね〜

2017.07.22 Saturday 18:00
0
    暑いですね。体が重く感じられます。
    すでに夏バテ状態。(−−;)
    さて。

    「吹奏楽の神さまからの手紙」について、
    以下、ネタバレを少し。
    「あとがき」に、実話を元に、妄想をふくらませて書きましたとありますが、実話とは、リードから手紙をもらったことです。私ではないですけど。(^^;)
    昔のことだったので、よく覚えてなくて(自分がもらったわけじゃないし)、たぶんこんな手紙だったな〜みたいなカンジです。

    私は中学、高校と吹奏楽部で、強豪校ではありませんでしたが、そこそこ一生懸命(ごめんなさい)頑張りましたよ!
    そこそこ一生懸命っていうのは、当時は一生懸命やってるつもりだったけど、今、思えば・・・というか、テレビとかで強豪校の実態を知ったら、自分なんか全然、まったりだったな〜と、思ったわけです。
    アルメニアンダンスは、パート1、パート2とあって、両方やりました。
    この小説を書くために、改めてCDを何枚も買って、聴いてみたのですが、今聴いても、いい。いや、今、聴くのがいい。
    演奏したことがあるから、余計に愛着があるのかもしれませんが。へへへ。すみません、ひいき目で。

    アルメニアンダンスを吹奏楽の第九に!と言っていたのは、丸山先生です。
    テレビで「題名のない音楽会」の司会者が佐渡さんだったとき、定期的に吹奏楽特集をしていたんですね。その番組内で、仰ってました。
    それが本当のことになるには・・・やっぱり難しいかもしれません。世の中には、他にもステキな曲がたくさんありますものね。

    このお話の前の部分があるのですが、これをキンドル化するかどうかは、悩み中です。
    十貴さんに描いていただいた表紙がステキだったので、これをお披露目したいという気持ちはあるのですが、自分の小説が、まあ・・・なんだ、選曲がどうだったかな〜?という迷いがありまして。
    好きな曲で書いたのですが、別の曲がよかったのか?いや、これで良かったのか?みたいな。
    まあ、気が向いたら、キンドル化します。

    「吹奏楽の〜」もそうなのですが、選曲に悩んだのは、あまり新しい曲を選ぶと、後で読んだときに中途半端に古くなる恐れがあるからです。
    だから、いっそ古い曲を選びました。
    古くて、古くさくない曲。難しいですね。

    ではでは、今後もよろしくお願いいたします〜。
    category:小説「吹奏楽の・・・」 | by:MAKA | - | -

    Calender
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM